昼間に『各電力会社は、電力連携っていう融通をしてます。そういえば大学の授業でやったっけな。』ってツイートをしたんだけど、間違ってました。すんません。(このツイートは削除しました)

違っていたことを正すのと、情報シェアのためにblogにしておきます。
ひとことで言うと、他地域から電力をパケットのように送るわけにはいかないということです。

■名前は『電力連系』。”連携”ではない。

■連系の話はたしかに大学の講義で習ったけど、それはある電力会社内の話。(ひとつの電力会社地域内に複数の発電所があり、消費地があるので、その間の連系をどうするか、、という話でした)

■電力や水道の流れは情報やパケットの流れと違う。→ある流路の流量の変化が、他の流路に影響を与える。<参考資料1のp5~参照>

■東京電力と東北電力が連系できる量は多いが、東京電力と西側(中部電力や関西電力)が連系できる量は少ない。<参考資料2のp7参照>

■結果、簡単に他の地域の電力を持ってくるのは口で言うほど簡単ではない。(中部電力が供給しているのかはソースがなく)

■東京電力は福島方面で15000MW発電している(結構多い) <参考資料2のp4参照>

参考資料1: 電力自由化と系統連系
参考資料2:日本の地域間連系送電網の経済的分析

技術的に電力は送れるが西側から送れる容量が少なく、また電力会社から公式な情報がないためなんとも言えませんが、必要以上に関東以外の人が節約しても関東の支援には結びつかない・結びつきにくい可能性が高いです。(節電自体は否定していませんよ!!)

関東方面の皆様、なにかとご不便かとは思いますか、節電がんばってください!

それにしても原子力発電所の爆発が気になる。。。。

—————– <3/13追記> —————————————————
節電、電力連系について分かりやすい記事がありましたので追記しておきます。

「節電すべきか」という疑問に対する回答(地域別) : nori_hara blog

中部電力からの電力供給はやはり100万Wが限界かつすでに織り込み済みのようです。

関東も電力のピーク時にビーク分の電力を供給できるかどうかが問題なので(ピークでないときに節電してもその分をピークのためにキープすることはできない)、対策はピークを分散させる→順番に停電 という状況です。

それでも節電!という意見も多くあります。
それには反対はしません。というか節電は推奨です。環境保護・発電用の資源節約のために。

今日立ち寄った豊田市のスターバックスも節電のために店内の照明を減光していました。

ただ、○○のために! と思ってやったのに、実は意味なかった、、っていうのは悲しいですからね。
状況は根拠を持ってシェアしておきたい。そんな想いです。
(彼氏いないと思ってがんばってたのに、実はいた、っていうのも悲しいですからね。ちょっと違うか。)

—————– <3/14 さらに追記> —————————————————
電力会社の時間・区域ごとの解説記事についての良記事です。

計画停電が出来るのは最高級の配電技術があるということ

ともかく、だれにとっても初めての非常事態。計画通りいかない、と心得たうえで、計画を参考にしたいですね。当事者になるとなかなか難しいのですが。。