2007 12月 - D-style

アーティクルで表示 12月, 2007

6e3968fd.jpg2007年の総括です。

今年はどんな一年だったんだろー。

・キャンプが好きになった。
・想いは届かなかった。
・泊まりフェスに参加するようになった。
・そして反省した。
・カイトを始めた。
・ゆっくり話す時間を大切にした。
・ファイナンスを学び始めた。
他にも新しいことに手を出し始めた。etc…

何かをやり遂げたぜー!
というよりは、いろいろな変化が始まりはじめた一年。

次の2年くらいで、動き出したことを形にして行けたら。

ただいまCDJ大阪行きの車。

普段運転することが多いせいか、
サードシートから見渡す車内の景色が好きだ。

行ってきます(^O^)/


先日 22日は告知した甲斐もあっていつもより多くのメール、
留守電などを頂きました。

お気遣い頂いた皆様、サンクス☆ミ
おかげで無事に歳が増えましたよー。

誕生日のカウントダウンが終われば、次は年末
COUNT DOWN JAPAN 07>08 in OSAKA (29日~31日)
へのカウントダウン。

今年は10-FEETで年越しするぞ。

楽しみではあるのですが、若干、3日間フェスづくしなことに
テンション下がり気味(笑)
大学時代の合宿前みたいな気分。
行ってしまえば、あ~楽しいってやつ。

皆様も、よいカウントダウンを。

ところで、年賀状を印刷したくせに、宛名を書けずに結局
今年も元旦着のデッドライン(25日)を過ぎてしまった。
今月は仕事が忙しいんです(言い訳)。
ものづくり の大変さをとても感じます。

早く書けるようになるのは、いつのことやら。。

今年も年賀状をいただける方は、こちらの住所 まで送って
いだければ。 と思います。

では。


わしがたけ

昨日は今シーズン初スキーへ。

hiroさん夫妻と会社の面々と。
一緒に雪山行くのはそれぞれ初めてのメンバー。

場所は鷲ヶ岳。
人工雪だけ状態を覚悟して行ったけど、前日→当日の雪で新雪がけっこうある。
フルオープンじゃなくて大混雑だったけど、思ったより滑れたから満足、満足。

雪山シーズン到来です
近年まったくレベルが成長しないけど、
今年もみんなで楽しみに行きましょう。

ところでカウントダウンがスタート、です。
年越し、の前に、誕生日が。

今度の土曜(22日)には心温まるお祝いメールプレゼント
心の底からお待ちしておりますw (いますぐメモね)

前日夜は名古屋にいるので、そのまま祝ってくれる
女の子を誰か用意してちょうだい。(手遅れか)

ふー1日引きこもってようやく年賀状デザイン完成。
こんな時期にできるの最速かも!
今年は元旦に届かせるぞー。


< sustainability >
【名】 持ちこたえる力、持続可能性

今後いろいろんな場面でキーワードになるであろう言葉。
今年に入って少しずつ聞くようになった。

巷では、形容詞のサスティナブルのが使われてる。

< sustainable >
【形-1】継続維持できる、もちこたえられる、支持できる、持続できる、耐えうる
【形-2】環境を壊さず利用可能な、地球にやさしい

継続可能性。
この1年、個人的に、この言葉を使わずとも継続可能性を意識させられる
機会が多かったと思う。

企業、ミュージシャン、恋愛、人間関係、サークル、食料、環境、そして地球。。

その場その場がうまくいくことも大事だけど、
ずっと続く(伸びていく)ことがいろいろな場面をトータルで考えたとき
一番嬉しいことが多いのではないだろうか。

今のご時世、たくさんの情報が溢れていて、根拠もないことが本当の顔して
平気で伝えられている。

それぞれが自分の尺度できちんと考えて、サスティナビリティを
担保するような判断をしていくことが、大切なのかもしれないなぁ。。

たまには取り留めのない話。でした。

—-
07.12.11 RSSがうまくいっていないようなので再UP


0910689d.jpg

本日は今年2度目のチャゲアス@日本ガイシホール へ。

1996年のMTV Unplugged
1999年のファンクラブ限定のPlemium Live
に続く、アコースティック編成のライブ。

アコースティックと言っても、引き語りのようなものではなく、
普段のバックバンドにストリングスチームが加わって
特に前半の雰囲気はジャズやソウルって言葉がぴったりだった。

28年、49歳の二人ならではのステージ。
全ての曲がリアレンジがされていて、しかもとっても凝っていて
一曲ごとに、いい意味で僕はうなってたw

歌唱力とバックバンドの演奏力ほんとすばらしい。
alive in live というタイトルがぴったり。
メジャーな歌手のライブもいろいろ見てるけど、やっぱ良い。
一度聞いて、と言いたいが、TVにも出ないし伝わらないからしょうがない。

先月末はビークルと10-FEETを連続でモッシュまみれで楽しんで、
今回はアリーナクラスで座りながらじーっくりと。
音楽の楽しみ方はいろいろだ。

●●本日の驚き●●
グッズ販売の人に『けーすけ兄』
と声をかけられたと思ったら、たたりんだったw
ライブハウスメンバーに、こんなところで会うとは。

さて、明日から仕事の山場を乗り切らなくては。
がんばろう。


9MILES

普段聞かないの買ってみた。
でもamazonにジャケットさえなかった。。


へぼって知ってる?

学名をクロスズメバチといい、
地中に巣を作る体長2センチほどの地蜂の一種。

山育ちの父親は、山で何かするのが好きなようだ。

子供達が大きくなった最近は、趣味が山登りになったりして
山へ帰化している感じがする。

その一環で行っているのが”へぼ”取りである。

簡単に言うと、
蜂を追いかけて巣を突き止め、
巣を取って幼虫を抜き取り、
それを煮付けて食べる。
ってかんじ。

蜂の巣といってもよくイメージするように空中にぶら下がってる
のではなく、土の中にあるんですよ。
地表に小さな穴があり、そこを働き蜂たちが頻繁に出入りしている。

ずいぶん前に一度へぼ取りについて行ったことがあるけど、
最初は巣が地中にある、ってことにびっくりしたものです。

秋はへぼの季節でもあるらしく、大きな巣が取れると
「今回のはすごいぞー」
と見せてくれるのだが、オールB型ファミリーは他人のことにあまり興味がないw
「はいはいよかったねー」
と受け流す僕。

今回はそんなへぼ煮付け製作の現場を紹介。

へぼ

…ま、グロいですよね。(蜂嫌いな方はすいませんでした)
でも、おいしいんだよ、これ。

高校の頃、弁当箱のフタをあけると、そぼろご飯ばりに
へぼが一面に敷き詰められてたりしてて、
知らない友達はびっくりしてたっけw

もし食べたいって奇特な方がいらしたらご一報を。
父親が喜んで分けてくれます。

>つぼ
送りつけてあげよーか??