2008 9月 - D-style

アーティクルで表示 9月, 2008

a101_medium

9/5~9/8まで、3泊4日で上海に行ってきた。

今回の目的は
・りょーちゃん(サークルつながり、上海在住)に会うこと
・内海さん(板倉事務所つながり、上海在住)に会うこと
・中国の元気さを感じること
・ゆっくり過ごすこと
だったんだけど、りょーちゃん、内海さんのおかけでとてもいい時間を過ごせた。

最初に、『遊びにいったら食事でも?』 ってそれぞれにメールしたのも、
2人に会うこと、中国を見ることでいろいろ得るものがあるんじゃ
ないかって思ったからだけど、その直感は間違ってなかったf^^;
(会うまではりょーちゃんが今どこで働いてるかも、
内海さんの年齢も知らないって状態だったのだけど/笑)

現地に行って一緒に会ってみると2人の共通項がいくつもあってびっくり。
年齢が同じで、中国で就職見つけてて、前は北京に住んでて今は上海。

異国で生き抜いてる人達だからそれぞれきちんと意見を持っていた。
だから食事のたび色々な話をして、気がつけば毎回2時間以上経ってて
散策するのを忘れそうだった。
内容は企業の中国進出の方法論からガンダムまで幅広くて、
話にはいろいろ共感できたし楽しかったなぁ。
(そしておすすめの料理はいつもおいしかった!)

上海散策の方は、そんな中国ベテランにお任せしてしまったので、
僕はやりたい事と行きたい所を言うだけ。
それをすべてプラン考えて連れていってくれてとても嬉しかったし
英語のあまり通じない中国では心強かった。

そして宿では、毎朝起きたらホテルから徒歩圏内を散策。
太極拳をしてる老人達や景色を眺めてるのがけっこう楽しい。
AM中は上海の街を見下ろしながら、宿で読書をしたり、
うたた寝したり、プールで泳いだり、ジムで走ったり
しながらゆるーく時間を過ごした。
あくせく動くのは、どうも最近の気分に合わないから。

上海は、共産主義を感じなくて、危険を感じなくて、ダイナミックに発展が
している真っ最中で、とっても刺激的な街だった。
壊れかけたボロボロの家と、欧州列強が残した建物と、未来都市の摩天楼が
共存する都市なんて他にないんじゃないだろうか。
そして2010年の上海万博に向けて、変化はさらに加速して行く。。
2010年にまた上海に行って、同じ場所に上ってどれだけ変わったか見に行
くことにした!

りょーちゃん、内海さん、改めてありがとうございました~。

----------
ここからは、トピック別メモ。
お時間あればどうぞ。

■食事編
・夜上海
IMG_3435
…最初に3人で合流したお店。
上海夜景を見つつ、生演奏を聞きつつ。オサレ系だったなぁ。

・小籠包
IMG_3474
…中国といえばこれでしょう。
朝10時に行っても待つくらい地元民に人気のお店だった。
包みの中に肉汁がたっぷり。一口食べるとうまみが。。
どんだけでも食べれたー。

・四川料理
IMG_3583
…初めて本格四川料理をいただいた。
麻婆豆腐の”麻”はしびれるの意。しびれる辛さは山椒から。
山椒なんてウナギにかけるくらいだと思ってたけど違った。。
しびれすぎて変な笑いがとまらなかった僕。
そして翌朝は、お尻の方に辛さが移動してやられてつらかったw。

・中国茶
IMG_3481
…食事の時はいつも飲んでた。一度注文すれば飲み放題。
だからついつい雑談をし続けてしまうしくみ。
お茶屋さんに行くと、無限に試飲できて選びながら購入できた。
一番の驚きはブルーベリー茶。想像と飲んだときのギャップにやられた。

愛知でお気に入りのお茶屋”碧落”も、けっこう本格的に中国茶
を出してくれてることを改めて確認。

・ウイグル料理
IMG_3671
…おいしい羊肉をめざして。庶民系のお店にて。
どの肉とも食感が違う。臭みもなくておいしい串焼きだった。

■観光編
・上海環球金融中心(森ビル)
IMG_3547
…8月末にオープンした上海で一番高いビル。
現在、展望台の高さは世界一。世界一から見下ろす上海は
なんだか気分がいい。

・盧浦大橋
IMG_3505
…万博会場すぐそばにかかる橋。アーチ橋としては世界一らしい。
そこのアーチに、なんと登れる!ガイド本だと地図から外れてて、
タクシーにも『そんなとこ行くのか』と言われたけど眺めが良くて最高。

・布市場周辺
IMG_3621
…これぞ裏通りという風景。高層ビル群のビルのすぐ近くなのに。

・浦東地区
IMG_3687
…高層ビルが並ぶ開発地区。外灘(バンド)からみる景色は圧巻。

・太極拳
IMG_3450
…公園とか通りとかどこでもやってる。ときに1人で、ときに集団で
音楽を流しながら。動かなさすぎで死んでように見える老人もいたw。

・万博会場
IMG_3535
…2010年へ向けて工事真っ最中。まだゲートしかできてない。
どうなってるのか楽しみだ。。

・ニセモノ車
IMG_3716
…上海は都会だからあまり見かけなかったけど、
こちらTOYOTAハイエースのパクりです。

・田子坊
IMG_3658
…ニューヨークでいうSOHOのような場所。
古い街並の中に最先端のアートやファッションや文化が
入ってる。有名なオサレスポット”新天地”よりもこっちのが好きだなぁ。

・上海雑技団
…旅行直前の英会話で同席した人(上海へ4年間留学)から、行くなら絶対みるべき
と言われて行ってみた。リッツーカールトンの下にある劇場にて鑑賞。
人並み外れた雑技に唖然とさせられながら、たまにウケ狙いの演出でリラックス
させてくれたりで飽きさせない1時間半だった。

■文化編
・タクシー
…初乗り170円くらい。上海の観光地の移動ならどこでも300円くらいで
いける。安いしどこでも流してるし、すばらしい。(運転荒いけど)
Suicaみたいな公共交通用のICカードで支払いもできる!

・治安
…とてもいい。安心感があった。いままで行った海外で
一番よかったかも。

こんなかんじ。
その他の写真はPhotoからどうぞ。

※タイトルの写真は、田子坊で見つけたXuanmin Jinという
アーティストのもの。これだと小さいけど、どの写真もとても
かっこよかった。なので一枚大きいやつ買っちゃった♪


SWEET LOVE SHOWER 2008

昨年に引き続き、8月最終週末にSPACE SHOWER TV企画の
SLS2008@山中湖へ行ってきた。

金曜の深夜発、土曜・日曜2日間だらだら見てきた。

一週間経ってしまったけど、忘れないうちに振り返りメモ。
…今回は、けっこう見てないのが多いので、思い出深いのを抜粋して書いておこ。。

【1日目】

1 . SpecialThanks
たぶん見てない。。

2 . 10-FEET
いきなり10-FEET!
そして雨降り出す。彼らはいつも、言ってることが素直で心にとっても響いてくる。
COLD STONE BREAKでみんなでダンシング。

3 . サカナクション
4 . Superfly

去年に続き2回目。
なにげに、今回の出演アーティストの中で一番予習してきた人。
音楽を心から楽しむ様子が伝わってきてこっちまで嬉しくなる。
そして、声がちょーいい。うまい。響く。
“愛をこめて花束を”で終了。とってもよかった。

5 . DOES
6 . マキシマム ザ ホルモン

演出のように大量のため。オーロラビジョンに映る様子はとても絵になっていた。
…現場はつらいのだけどw。

観客全員でヘドバン。このせいで翌日は首まわりがかなり筋肉痛w

7 . SPECIAL OTHERS
8 . 9mm Parabellum Bullet

雨上がりのシートで仮眠してたら爆音で目覚める。9mmだった。
音はカッコイイ。でも、カッコイイとしか思わなかった。

9 . EL-MALO
10. ストレイテナー
11.BOOM BOOM SATELLITES

クラブサウンド系。
かっこいい…と思ったらあまりにリズムが単調で飽き飽き。

12.東京スカパラダイスオーケストラ
去年は昼だったけど、今年はトリ。
ステージ転換中に、ポニョのテーマ曲を弾いてくれる。旬なサービス。

スカパラのステージはライブ感たっぷり。
タイトさもありながら、即興的な要素も感じられる。
ステージングを楽しみながら楽しませくれて、
これこそ音! 楽!を味わって初日終了。

【2日目】

1 . lego big mori
2 . THE BACK HORN
3 . the telephones
4 . NICO Touches the Walls
5 . SAKEROCK

ここまでの5バンド、見てない(笑)

午前中はみんなを会場へ送り、PICA山中湖内のFUJIYAMA KICHENにて
本日期限の某・レポートをなんとか作成し完成。
ここの店、オーガニック系料理を出してくれて、雰囲気もいいかんじ。
本blogで紹介した『裸でも生きる』に出てくるマザーハウス製バッグ
が置いているのもポイントup。こんなとこあるの知らなかったけどオススメ。。

6 . 奥田民生
CDJ 07/08ぶりに見た。
力の抜けたいい感じのステージ。なんだか落ち着く。

7 . 上原ひろみ
ジャズピアノアーティスト。最後の方しか見れなかったけど
ソウルフルな演奏にとても惹きつけられた。歌がなくても良いものは良い!

8 . BRAHMAN
昨日に続き、演出の大雨。
神を感じた。出てきたとたんに独特の雰囲気が漂う。
最後の曲でVo.が客席側に飛び込み1曲歌いきる。圧倒されて立ち尽くして見てた。
すごかったなぁ。。

9 . EGO-WRAPPIN’
10. エレファントカシマシ

去年のウルフルズ的ポジション。人間くさく心温まる。
そしてこの人もライブじゃないと伝わらないパフォーマンスをする。
こういうバンドはやっぱ生だなぁ。

11. くるり
ラス2ということで観客がすごい密度で集まってきてた。
…しかし、、とても有名なバンドなのだけど全く良さが分からないんだよなぁ。。
仕方ない。

12. レミオロメン
山梨が地元ということで大トリ抜擢されたみたい。
気合入ってたなぁ。 真夏だけど、うまいこと理由をつけて最後に『粉雪』。
そして雨しとしと降っていたあめが最後に見事に上がり、
アンコールで『雨上がり』。レミロメを知った曲を聴けたから満足↑。
こうして2日目も終了!

2年目の参加だったから、勝手も分かっていて快適にすごせた。
半分くらいは雨だったけど、富士山みれたし満足いく内容だった。
そしてこうして参加できるのも、誘ってくれたライブメンバーのおかげだなぁ。
どうもありがとう~。


初代バドワイザージャパンCEO近藤隆雄さんのBlog昨日のエントリー名です。

明日(ってかもう今日)から上海に行ってくる。完全にぶらり旅。
予定はないけど、現地で働いている、りょーちゃんと
うつみさんに会うってことだけ決まってる~。

-----–
上海のBUNDの河岸から、西欧帝国の残した過去を背に、
対岸に浦東の超未来都市が広がっている。
そんな光景は他には無い。
今は「上海」を全身全霊で感じてくること。
-----–
こんなことをタイムリーに読むとワクワクする。

でもそれ以外にもワクワクするのは、このblogに登場する中島くんたちの今後。
7月にちょっとお会いしてるんだけど。よくがんばってました。
話してみると大学の後輩だったのもあって、こっそり応援中。

学生のみなさま社会人のみなさま、一日一日成長してる人が
います。負けていられませんねー。

それにしても、
-----–
何も書き入れないでいると、
「時間泥棒」たちが勝手に書いてくれる。
-----–
この言葉深いっす。最近よく考えてたことを一言で表してる!
上に立つ人の言葉はちがうねぇ。。


d76dc19d.jpg

同僚のジョナが面白い動画があるって教えてくれた。

Japanese Culture Lab -Sushi

・すし屋ののれんは、ななめ48度のところで手を当てること。

・閉店間近に入店の時は、『まだやってる?』と言うこと。

・すしはゲタに乗って出てきます。

・ビールは『まぁまぁまぁ』と言いながら注ぎ、
 『おっとっとっと』と言いながら貰うこと。

などなどが、丁寧に解説されてる。
字幕も付いているので、日本に来たばかりの外国人に是非
見ていただき、日本の習慣を学んでほしいと思います。

↓シュール好きにはオススメ↓