2009 9月 - D-style

アーティクルで表示 9月, 2009

cbf2971d.jpg

出張前に注文しておいたエルゴヒューマンが到着!

さっそく座って更新中♪

最近家でのデスクワークが、ただのネットサーフィンから価値創造のための大切な時間になってきている。

だからこそきっちり集中したいのだけど、どうも座っていると腰まわりの調子が良くない。

解決すべくなんとなく考えた結果、やっぱり椅子でしょーということになり、検討の末エルゴヒューマンに決定。(ちなみに色はKM-12 レッド)

ハーマンミラーやオカムラの各商品も色々すわり比べたけど、僕にはこいつが合っているかんじ。特に”独立して可動する腰サポート”がとてもいい。 長く愛用できそうな一品です。

みなさんも家具屋さんやハンズに行った際は座ってみるといいですよ~。
※ただし人それぞれ好みがあるので、エルゴヒューマンが万人にベストじゃないから注意。


P1030327

初海外出張で、インドに行って参りました。
主な目的は現地のローカルメーカーとの設計変更内容確認と・製造工程確認。
インド人に囲まれ、一緒にカレーを食べながら議論をし、一応任務は遂行できたかなf^^;

インド出張

■まず食べ物。
インド料理はとてもおいしい!
だいたいどこで食べてもおいしかった。しかし含まれているスパイスが胃腸を攻撃し、3日目からお腹がダウン。もー、ずっときつかった。というか今もキツい。超液体。

そんな体調での打ち合わせ(しかも主導しなきゃいけないし)はキツかった。

味が再現できてるか分からないけど、とりあえず本場のレトルトカレー買ってきたから欲しい人に差し上げます!

■次に街。
発展途上で、人が多くて、渋滞がひどくて、車線は関係なくて、車のホーンがうるさくて、ゴミが多くて、道を牛がふらついていて、道に人も寝ていて、野良犬がたくさんいて、中国(の都会)に比べればまだまだ。少なくとも訪問した都会(デリー、バンガロール)でさえこれから発展しますっ て感じだった。

あとバイクは家族で乗るものみたい。現地では(笑)

■あと言語。
地域ごとにたくさん言語があって、僕が訪問した3都市でもヒンディー語、カナダ語、タミル語がそれぞれ使われていた(もちろん、違いを聞き取れるわけじゃないけど。)。なので仕事は英語。しかしインドなまり聞き取りにくい。

そして地方(コインバトール)に行くとさらに地方なまりも加わって、それでも現地人は英語を喋っているつもりだから大変。

■仕事。
インドは休日が少ない。土曜日も働く。だから今回は僕も土曜日働いた。月に1回くらいは土曜休みになることも。そして祝日も年8回程度だとか。

ちなみに帰国の日は祝日でお祭りの日(道具のおまつり)らしく、人々は車や家などの道具を洗って、花やバナナの葉っぱで飾り付けてた。イメージは20年前の日本の大晦日→お正月ってかんじだったな。

■最後に人
それにしても異国に行ったとき、現地でサポートしてくれる人がいると本当に助かる。
出張全般は現地会社のスニルさん、市内散策は長期出張中の方達がプランを考えてくれたり手配してくれたり。
ほんと僕なんかのためにありがとうございます という気持ちでいっぱい。こういう感謝は受け入れる側になったときに返していきたいと改めて思った。どうもありがとう~。


原文はこちら

販売

イントラートでは作家さんのポストカードや小物を販売しています。
個人的には、『歯』ストラップ。これがものすごくお気に入りf^^;

僕の携帯にも2つ付けてるし、付いてるのを見て気になってる友達に買ってみたり。

そして最近僕のポストカードもこっそり並べてます。
ご来廊の際は手に取ってみてくださいね。

永田容子

そして昨日まで開催していた永田容子展の写真をUPしたのでご覧ください♪

さて、僕は今日からインドに行ってきます。
んー未知すぎるぞ。
せっかく行くのに遊びはないのが残念ですが、パワーを感じてこようと思います!


あたりまえだけど、数万人規模の大組織と数人レベルの小組織では、意思決定スピード・取り扱うものの規模・組織の力学が全く違う。

同じ人でもこの毛色の違う2つの環境のどちらに身を置くかで、発言が変わってきてしまうものです。

それは所属する環境でうまく立ち回るためなのか、、知らず知らずのうちに与えられた肩書きを演じているのか、、、。

僕自身、一日のうちにこの両方の立場になったりするわけですが、実際、違うんですよねぇ随分。

これってけっこう面白い。でも面白いけど、切替わりの”変速ショック”がけっこう大きくて、脳みそに負担がかかります/u笑。

(そんなときにカフェに行くと、和んでショックの緩和が出来たりします。最近はとくにタリーズ。サンクスですw)

大組織のなかでは、扱うものが大きいため、いかに自分(自部署)の責任を限定するか(限定された中で集中してがんばる)、うまく立ち回るかが論点になってきます。

そして少しずつ上手になってきました。

これ、組織をうまく回すには必要な能力なんですよね。

そしてサプライチェーンの上の方にいる人としての”振舞い”もだいぶ身につけたんじゃないかと思います。

でもたまに、
『それはきちんと要求仕様を出してもらわない受けられない』
『その担当は委託先なので、、』
『それは○○部がやることなので』
という、一見組織的に間違っていない発言をすると、言っている瞬間自分に嫌気が差すわけです。

こういうときは目が死んでる/笑

かたや、小組織、個人事業では、『面白い話があるんだけどさ』『よしやろう!』で物事が進みます。

自分を担保するものは、自分自身。何ができるか、何をできる人として見せていくか、を考えます。

何もしなければ何も始まらないし、発するものに魅力がなければ次がなくなります。

それぞれが、それぞれの色でやり方を見つけていきます。

・・・書いてるうちに発散してきた。。。んーーー。ここにてストップ。。。

強引に締めを書くとすれば、

僕は、よりよい価値提供をするための知識、人格、人脈、行動力をもっと鍛練していきます。
これらが回りまわって、キャッシュフローを担保するんだと思います。

そうそう、2週間後、初海外出張でインド行きでーす。よっしゃー。

さてと寝よぉー。。。