2011 2月 - D-style

アーティクルで表示 2月, 2011

カメラ用のストラップ、なにか便利なものがないかなーと検索したら、偶然ヒットしたものがあります。

それはDiagnlの”ninja strap”

ストラップの長さが可変!

普段はナナメがけで体にフィット。

でも撮影したいときはすっと伸ばして構えて撮れる!

ともかくこの動画を見てみて。

僕は見てピンときてその場でポチりましたw

この週末、初の実践です。

さてつかいやすいかなぁー。

[insert_meta key=”amazon_ninja”]


昨日、ちょうど関東にいるタイミングで第5回マザーハウスカレッジ(詳細はこのリンク)があったので参加してきた。

マザーハウスは前から気になっていて、代表・山口絵理子さんの著書「裸でも生きる」「裸でも生きる2」を読んでいたり、マザーハウスのバックも持っているので、生の話を聞く機会があるなら行ってみたいって思っていて、ついに実現。

テーマは「なぜ今、私たちはグローバル化を急ぐのか?!」。

“途上国から世界に通用するブランドを作る” を理念に掲げ、Made in バングラディッシュのバッグを製造しているマザーハウスの山崎さんとバングラディッシュにも現地拠点を作っているHIS執行役員のボビーさんが対談形式で色々な話をしてくださった。

時間は約3時間。

バングラディッシュでリアル・ビジネスをしているお二人から出てくる話は最初から最後までどれも深くて濃い内容。

  • “途上国で力を持っているのに発揮出来ていない人が、力を発揮するための触媒になりたい”
  • “20時間停電するネパールにはモノづくりできてる会社がない、そこでモノづくりをしたい”
  • “0を1にできる会社でありたい”
  • “日本・外国ではなくて、アジアの中で生きている”
  • “現地の言葉を覚えて話すことで、「覚悟」が伝わる”

など、印象に残るフレーズも書ききれないくらい多くて、聞けてよかった。

あと数字関係でも全然知らなかったことがあって、人口が一億人以上いる国って、世界で11カ国しかないらしい。
(Wikiに聞いたらやはりそうでした)
で、そのなかに日本も入っているのはみなさん知ってると思うけど、バングラディッシュは1億6千万人! しかも面積は北海道くらいなのでかなり、高密度。もうこれだけで、すごいパワーが溢れていそう。。
一言でアジアって言っても、そこには発展度合いがまったく違う国々があって、ほんとなんにもわかってないなぁ。。と思います。

HISのボビーさんもすごく流暢な日本語で、観光客が全然行かないバングラディッシュにどうにか支店を作って、でも申し込む人がだれも居なくて、って話しから今後の事業展開の話まで盛りだくさん。

最後に、HISとマザーハウスはコラボで現地体験ツアーを何度か企画していて、その内容の説明があった。

ツアーで旅行なんて、ずーーっと行ってないけど、この企画はタイミングがあったら参加したい。
今度(3月)は行けないけど、次はいつになるのかな。。。

マザーハウスの山崎さん、1980年生まれで同い年。僕もがんばらねば!!
では。


ちょうど手元に、最近流行りの(?)ミラーレス一眼が2つあるので、並べて撮ってみた。
(見てわかるとおりPanasonic LUMIX GH1とSONY NEXです)

どちらもウリは

  • デジタル専用設計
  • ミラーレス
  • 上記による短いフランジバック
  • 上記による小型・軽量化

です。

違いとしては撮像素子の大きさ。

マイクロフォーサーズ(MFT)はフォーサーズサイズ、EマウントはAPS-Cサイズです。

並べてみるとたしかにNEXのがでかいですね。(どちらも丸見えですw)

カメラには撮像素子の大きさがいろいろあるんです。困ったことにw。ずらっと挙げるとこんなかんじ。


※細かい解説はWikiへ (この画像もWikiから引用)

余談ですが、コンパクトカメラやデジカメも数年前から余裕で1000万画素超えで、一眼と数値上は変わらなかったりします。でもその撮像素子の大きさってどれくらいか知ってますか?

これも様々だけど、上記画像の一番ちいさいやつくらいです。

つまり、小指のつめの大きさくらい。

プロが使う35mmフルサイズ(左上)や中判(一番上)と比べるととんでもなく差があるわけです。

同じ数の撮像素子がこれだけの差のある大きさに詰め込まれているとすれば、色々結果に差が出てくるのも分かる気がしませんか?
(マウントの差とか他にも要素はいろいろありますが)

本日は雑談でした~。


こんにちは!

森にもどる展、2週目開催中です。

濱崎からのメールにもあったように、今回の展示からギャラリー改装してます。
窓がなくなり空間が増えていいかんじです♪

(改装した!と言っても僕は心の中で必死に応援していただけですが、、、、w)

ともかくそんな新空間に、今回もたくさんの作品がひしめいています。

展示終了よりも一足先に、写真をアップしたので改装後の様子も含めご覧ください!


フラッシュ非対応の場合はこちらから

※カテゴリー”Introart Blog”のエントリーは、イントラートblogの記事を転載しています。


今日は一日喋り倒してきた。

半分説明をして、残りを質疑応答にして。

その1セットを10回くらい繰り返す、、、ってやり方で。

改めて思ったけど、聞き方ってほんとに大切。

聞き方ひとつで、予定してたこと以上を伝えたくなっちゃうし、

逆に予定してたことさえ話すのを放棄したくもなる。

回ごとに全然違うんだよねーほんと。

それは表情の変化や相づちやリアクションの積み重ねっていう些細なことだったりするんだけど。

有料・無料のセミナーやアポを取って伺いに行くとか、色々聞く機会っていくつになってもあるけど、

限られた時間で価値のある情報を得られるかどうかは聞く能力にかかってるんだと思う。

当たり前かもしれないけど、2日間毛色の違うトーク・講義をしながら、こんなことを再認識した週末なのでした。